ブログトップ
ぺやんぐのブログ
payoung.exblog.jp
カテゴリ:出産準備品( 12 )
2人目出産準備(衣類編)
今回の出産準備も、役所でもらった冊子を参考に進めています。ムスコのときのブログ記事も参考になっているので、ちゃんと記録しておいてよかったな。
a0295764_10520283.jpeg
出産予定日は4月中旬。性別は女の子で、今回も3000gいかないくらいの小さめサイズで生まれそうです。

①ベビー服(カバーオール) 2~3枚 必要度△

特別寒い時期じゃないし、しばらくは外出の予定もないから、新生児サイズ(50〜60)の長袖カバーオールは買っていません。吐き戻しやウンチ漏れが多いうちは、毎日コンビ肌着で過ごすつもりです。

個人差ありそうですが、わたしは、カバーオールのボタンをポチポチ留めるより、コンビ肌着の紐結ぶほうがラクだと思う派。

生後3ヶ月くらい(7〜8月頃)になれば、首がすわってきて外出もしやすくなるだろうから、夏用のショートオール(70)はかわいいものを見つけたときにいくつか買っています。
a0295764_13113340.jpeg
プチバトー(6m)とか。
a0295764_00200607.jpeg
画像左のGAP(70)とか。
a0295764_00313193.jpeg
ムスコのお下がりも、使えそうなものがいくつかありました。

②短肌着 4~5枚 必要度○

ムスコのときに買ったものは黄ばんでいて処分したので、改めてコンビミニの短肌着3枚コンビ肌着2枚セットを用意しました。
a0295764_00045818.jpeg
最初に着るものは肌触りのいいものにしてあげたい。

黄ばみの少なかったお下がりとあわせて、短肌着は4枚ありました。

③長肌着(コンビ肌着) 2~3枚 必要度◎

長肌着は、お下がりが1枚ありますが。
a0295764_00082022.jpeg
コンビ肌着のほうが脚がはだけなくて便利だし、長肌着はなくても困らないと思います。

コンビ肌着は、短肌着とセットだったコンビミニの白(50〜60)が2枚。コンビミニのドット柄(70)が1枚。
a0295764_00123083.jpeg
楽天SSで買ったピンクのパイル地とギンガム柄(50〜60)が各1枚
a0295764_00135689.jpeg

あとは、ムスコのお下がり(60)が4枚。
a0295764_00145639.jpeg
アカチャンホンポで買ったもので、丈夫でよかったんだけど、スナップが金属なのが残念でした。プラスチックのほうが軽い力で留められて好きです。


これで計9枚。これだけあれば洗い替えも余裕そうです。

暑くなってからは半袖ボディ肌着が涼しそうでよかったので、ユニクロ×リバティを4枚新調。
a0295764_17231351.jpeg
a0295764_17235753.jpeg
使えそうなお下がりもいくつかありました。
a0295764_00372588.jpeg
首がすわってからも当分のあいだは、前開きタイプのボディ肌着が着せやすかったと思います。

④おくるみ(アフガン) 1枚 必要度△

ムスコのお下がりを使うことに。ミナペルホネンのものです。
a0295764_00433034.jpeg
ちょっと色あせてるからほんとは新調したかったんだけど、気に入る柄のものがなかったので、ムリに買わないことにした。

⑤よだれかけ(スタイ) 1~2枚 必要度△

ムスコはよだれが出ない子で、スタイを使う機会がほとんどないまま成長しました。2人目もどうなるかわからないので、産前には用意しない方向で考えています。

ただ、マールマールのスタイはかわいかったので、ムスコのときとおなじように名前刺繍入りのを買うつもりです。


⑥紙おむつ 必要度◎

ムーニーの新生児用を1袋用意しました。あとは成長をみながら追加します。

⑦おむつ 30~50組 必要度×
⑧おむつカバー(布おむつ用) 4~5枚 必要度×

布おむつは使いません。

⑨おしりふき 1パック 必要度◎

アカチャンホンポの水99%おしりふきが水分量多めで拭きやすいので、肌にあわないとかなければ、引き続きこちらを使うつもりです。


ビタットのふたをつけます。

⑩汗とりパッド 2~3枚 必要度×

⑪ガーゼ(タオルハンカチ) 適量 必要度◎

汚れたらどんどん洗い替えしたいので、20枚用意しました。

授乳のときに顔や口のまわりが汚れたら拭く、吐き戻したときに拭く、よだれを拭く、沐浴のときに身体をこする、あたりが主な使い道です。

---

用意した衣類は、天気のいい日に水通しをすませました。小さいハンガーがやっぱり干しやすいと思います。
a0295764_09455371.jpeg
左は無印のもの。右はH&Mで買いものしてもらったもの。どちらも窪みがあるから、わたしのタンクトップやキャミソールを干すのにも使っています。H&Mのは、子どものズボンもひっかけて干せる。

洗濯洗剤は、さらさを使います。

[PR]
by payoung | 2016-04-01 11:30 | 出産準備品 | Comments(0)
2人目出産準備(入院編)
正産期に入る前に、出産入院の準備がなんとか整いました。前回は大きめのトート2つにしたけど、今回はキャリーバッグひとつにまとめてみた。
a0295764_14364334.jpeg
①洗面用具・シャンプー・せっけん・スキンケア用品 必要度◎

ハブラシ、歯磨き粉、シャンプー、コンディショナー、ボディタオル、ボディソープ、洗顔料。化粧水と乳液はサンプル品を。
a0295764_14453574.jpeg
無印のスパバッグ小(半額になってた)に入れました。

②フェイスタオル・バスタオル 各2~3枚 必要度◎

フェイスタオルを3枚、バスタオルを2枚持っていきます。

③湯のみ・箸・ポット 必要度◎

食事の際にお茶を入れてもらえるので、たくさん飲みたい人はポットや水筒を持って行くみたいですが。わたしは熱いお茶ってそんなに飲まないので、自宅にあった湯のみだけ持っていきます。

④授乳用ブラジャー・肌着 2~3枚 必要度○

ムスコのときに使っていたものはけっこうくたびれていたので、無印良品のカップ付タンクトップを2枚新調しました。
a0295764_14515741.jpeg
使いやすそうだから、無印良品週間中(4/4まで)にもう1枚買い足す予定。

⑤寝巻き 必要度×

産院で貸し出してもらえる入院着を着ます。汚れたときに、どんどん着替えられるのが便利だから。ただ、入院着は年中半袖しかないそうなので、羽織もの(ユニクロのカーディガン)を持っていきます。
a0295764_15040570.jpeg
⑥スリッパ 必要度◎

ビルケンのルームシューズ。自宅で履いているものの買い替えついでに新調しました。
a0295764_00531001.jpeg
ムスコのときは6月だったから冷えることはなかったし、だいたいみんな素足にスリッパだったけど。今回は4月なので、一応ソックスも入れました。

⑦ティッシュペーパー・ウエットティッシュ 必要度△

前回ボックスティッシュを持って行ったけどほとんど使わなかったから、今回はポケットティッシュに。
a0295764_00553477.jpeg
ウエットティッシュは持っていきません。

⑧母子手帳・印鑑・保険証・診察券・筆記用具 必要度◎
a0295764_00564128.jpeg
マリメッコのポーチにまとめました。今飲んでいる薬(下剤)は産後も使えるものらしいので、それもこの中に入れて持っていきます。

携帯電話・充電器 必要度◎

これは当日入れます。

⑩時計 必要度△

ケータイの時計があるから、持っていきません。

⑪産褥ショーツ 2~3枚 必要度○

マジックテープで全開になるタイプの産褥ショーツを2枚持っていきます。
a0295764_01003019.jpeg
マジックテープが肌に当たると痛いから、あまり穿きたくないなー。マタニティ用のデカパンも2枚持っていって、全開にする必要がなくなったらそっちにします。

⑫腹帯・ウエストニッパー 必要度△

助産師さん指定の腹帯(さらし10m)を持っていきます。


⑭お産パッド・ナプキン 1パック 必要度◎

夜用を1パック持っていきます。
a0295764_01085407.jpeg
産院でもお産パッドを1パックもらえるけど、頻繁にかえたいので。

⑮ペットボトル用キャップ 必要度△

陣痛のあいまに水分をとる用。前回は必要なかったけど、一応入れておきます。

⑯ガーゼハンカチ 5枚 必要度◎

授乳のたびに使うので、水通ししたものを10枚持っていきます。


⑰おしりふき 1袋 必要度◎

産院でも1袋もらえるけど、足りなくなりそうだからもう1袋。
a0295764_01163696.jpeg
ビタットのフタをつけて使おうと思います。


⑱母乳パッド 1箱 必要度○

母乳の出方がどうなるかわからないけど、前回持っていかなかったら産後3日目から急によく出るようになり入院着が汚れて困ったので、10回分くらいは持っていくことにします。


上のものに加えて、会陰切開の傷が痛むとき用にドーナツクッションも。(追記 今回は痛みがほとんどなくて、使いませんでした!)
a0295764_21371785.jpeg
−−−

退院のときに必要なものはまた別のトートにまとめておいて、退院の前日に持ってきてもらいます。

⑲自分の服一式(退院用)

トップスは、抱っこや授乳がしやすそうなもの。ボトムスは、マタニティ用などウエストがゆったりしたもの。

⑳赤ちゃんの服一式(退院用)

コンビミニの短肌着+コンビ肌着+おくるみにします。おくるみは、ムスコのときのがしらけていたから、かわいいものがあったら新調したいなーと思っています。

[PR]
by payoung | 2016-03-12 21:40 | 出産準備品 | Comments(0)
ストローマグ比較
これまで5つのストローマグを使ってきましたが、なんの欠点もないパーフェクトなストローマグには出会えませんでした。

ストローって時点で洗いやすいわけがないし、こぼれないわけもないので、ある程度は仕方ないなと思います。

ーーー

手持ちの5つを比較。

①スケーター ストローホッパー両手マグ



スーパーマンの他にもトミカとかキティちゃんとか、キャラクターものがいろいろ出ています。

価格 1000〜1200円くらい
容量 230ml
部品
a0295764_3224835.jpg
本体に替えの飲み口がひとつついています。交換部品は、ストローとパッキンのセットが300円くらいで売っています。



洗いやすさ ☆☆☆
構造がシンプルで、洗いやすいほうだと思います。他なものよりストローが変色しやすく、麦茶の色がついて茶色くなりました。

飲みやすさ ☆☆☆
ハンドルがあって飲みやすい。

漏れにくさ ☆☆
フタを開けて横にすると、ストローや、付近の小さい穴から中身が漏れます。フタをすれば、ほとんど漏れたことはないです。

壊れにくさ ☆
フタの接続部分に針金が使われていて、開け閉めしているうちにピヨーンと飛び出しました。押し込んで直してからは出なくなったけど、危なかったな。

〈お気に入り度 ☆☆〉

②ピジョン ぷちストローボトル



価格 500〜700円くらい
容量 150ml
部品
a0295764_3225184.jpg
交換部品は、パッキン2個セットが300円くらい、ストローも350円くらいで売っています。パッキンとストローを買うなら、本体をあたらしく買ったほうが安かったりします。



洗いやすさ ☆
キャップにくっついているフタと小さい部品が外せなくて、そこが洗いにくく、カビが生えがちです。ボトルの口も狭い。

飲みやすさ ☆☆☆
容量が少ないので、小さいうちは軽くて飲みやすそうでした。ただ、大きくなるとこの量じゃ足りない。ボタンを押してフタを開けるタイプのものは、早い段階から自分で開け閉めができたけど、これは開けにくいらしく、今でも開けてあげなきゃいけません。

漏れにくさ ☆☆
キャップの閉め方が悪かったり、パッキンつけ忘れたりして、持ち運びのときに数回漏れたことがあります。ちゃんとやれば漏れにくいと思います。

壊れにくさ ☆
落としたらフタが割れました。

〈お気に入り度 ☆☆〉

③サーモス ベビーストローマグ



わたしが買ったときは青×黄だったけど、今は水色になっているみたいです。

価格 1300〜1500円くらい
容量 340ml
部品
a0295764_3225465.jpg
交換部品は、パッキン100円くらい、ストロー400円くらい、グリップ300円くらい。ストローとキャップのユニット部品まであって、充実しています。





古いタイプのストローはこれだったけど。



あたらしいのはこれになったみたい。



洗いやすさ ☆☆
飲み口が曲がっていて洗いにくいです。飲み口より下の部分のストローが硬いプラスチックでできているので、やわらかいストローみたいに、ストロー同士をぐにょぐにょこすり合わせて筒の中を洗うってことができないのも残念です。

飲みやすさ ☆☆
ハンドルがないので、小さいうちは持ちにくそうにしていました。今は全然平気になったけど、初めてのマグにはむかないかも。

漏れにくさ ☆☆☆
フタを開けた状態で横にすると漏れることもありますが、フタをすればほぼ漏れないように思います。持ち運びで漏れたことがないので、外出時はだいたいこれを使っています。

壊れにくさ ☆☆☆
壊れたことないです。

〈お気に入り度 ☆☆☆〉

④ヌービー クリックイット ツインハンドルシッピーフレックスボトル



価格 600〜700円くらい
容量 240ml
部品
a0295764_3225598.jpg
パッキンとストローが一体になったような、変わったかたちです。交換部品は300円くらい。



洗いやすさ ☆
本体がボコボコしたデザインで、そのボコボコの窪みに汚れがたまります。飲み口のところに常に水分が残るつくりになっていて、そのあたりも洗ったり乾かしたりしにくい。

飲みやすさ ☆
ムスコは最初からわりと普通に飲めましたが、ストローを噛んだりして潰さないと飲めないみたいで、ちょっとコツがいるようです。

漏れにくさ ☆
パッキンをうまくセットすれば横にしてもこぼれないけど、セットするのが難しいです。持ち運びの際にしょっちゅう漏れて腹立ったから、最近はほとんど使っていません。

フタは本体にくっついてなくて、パカッとはめるだけのタイプです。外出時は使いにくかった。

壊れにくさ ☆☆☆
壊れていません。

〈お気に入り度 ☆〉

⑤コンビ テテオマグストロー バルーンネオ



価格 1000〜1500円くらい
容量 300ml
部品
a0295764_3225864.jpg
マグに取り付けられるストラップがついていたけど、ハンドルを使うとストラップは使えない仕組みになっていて、どっちかしか使えないからハンドルを選んでいます。どっちもつけられたらいいのに。

交換部品は、パッキン2個セット200円くらい、ストロー2個セット300円くらいで売っています。


洗いやすさ ☆☆
キャップについている通気パーツが外しにくいです。パッキンの取り付けも、同タイプのスケーターやピジョンに比べると取り付けにくい。

飲みやすさ ☆
ストローが細すぎて、ごくごく飲めないみたいです。そしてフタが開けにくい(ムスコは開けられません)。しっかり一番奥までフタを開けないと、マグを持ち上げたときにフタが戻ってきて顔に当たることになるので、ムスコに怒られます。

漏れにくさ ☆☆
パッキンのつけ方が悪かったのか、持ち運びのときに少量漏れていたことがありました。

壊れにくさ ☆☆☆
壊れたことないです。

〈お気に入り度 ☆☆〉

[PR]
by payoung | 2015-06-16 03:00 | 出産準備品 | Comments(0)
出産準備品(離乳食編)
出産準備の参考にした冊子に「離乳食用品」の項目も載っていたので、ついでにまとめておくことにします。

ーーー

冊子にも書いてありましたが、離乳食はだいたい生後5〜6ヶ月頃からスタートするのが一般的みたいです。

わたしも、生後4ヶ月あたりから道具を揃えたり進め方を調べたりして、生後5ヶ月から離乳食を始めました。
a0295764_1455465.jpg
いきなり①〜⑤まで全部揃えなくても、初期のメニューはおかゆや潰した野菜くらいなので、すり鉢すりこぎ、裏ごし器、スプーンがあればとりあえず始められるかな。

ーーー

①離乳食用調理器具 各1こ

すり鉢
すりこぎ
おろし器
裏ごし器
計量スプーン
計量カップ

すべてがセットになったものは、不要なものまで入っているのがいやだったので、単品で買うことにしました。

すり鉢とすりこぎは、貝印のミニサイズのものに。



離乳食が終わってからも、少量のごまをするのに使ったり、茶碗代わりにしたりしています。

裏ごし器は、おかゆポット(炊飯器でごはんと一緒におかゆが炊けるグッズ)についていたものを使いました。



おかゆポットは、少量のおかゆを炊くのに便利ではあったし、10倍がゆとか7倍がゆなんかの水加減もわかりやすくて良かったけど。

容器のまわりにごはんがくっついてしまうのでとるのが面倒だったし、ごはんを炊かないときは使えないから大人が麺類の日は使えないし(当たり前ですが)、いいことばかりではありませんでした。

計量スプーンやおろし器は、手持ちのものでなんとかなりました。

②ベビー用食器

お茶碗
お皿
コップ
スプーン

iiwanの食器セットを買いました。
a0295764_1455182.jpg
離乳食初期の頃は、保存容器やすり鉢から直接食べさせることが多く、中期あたりから活躍しはじめました。

ムスコが小さいうちは細長いスプーンのほうが食べさせやすかったので、ピップのものを使いました。



自分でスプーンフォークを使えるようになってからはエジソンを使っていて、iiwanのは結局あまり使っていません。



セットじゃなくて、ばら売りで食器だけ買ってもよかったかも。食器自体は、シンプルで使いやすくて気に入っています。

③エプロン

布のスタイを使いました。ムスコはあまりヨダレが出ない子で、お祝いにいただいたりしたものをほとんど使わなかったので。

プラスチックの食事スタイは、嫌がってつけてくれず。



袖がついたかたちのものならつけてくれたけど、いちいち着せるのが面倒で、服を本気で汚したくないとき(お出かけ前など)だけ使いました。



④保存容器

量や回数を食べるようになってきたら、いっぺんにたくさん作って冷凍するのがラクで、小さい保存容器は大活躍でした。



最初は素手ですり潰しを頑張っていましたが、量が増えるにつれて限界を感じ、フードプロセッサーを買いました。クイジナートのもの。



離乳食で使う期間は短かったけど、手が疲れないし早くできるし、買ってよかったと思います。出番はそんなに多くないけど、今でもスープやジュース作りに使えていて、わりと便利。

バーミックス(鍋の中で直接つぶせる)と迷ったけどクイジナートにした決め手は、棚に出しっぱなしでもかっこいいから、です苦笑。

⑤トレーニングカップ

飲み口を哺乳瓶みたいな乳首型やストロー型に替えて使えるマグのこと。

ムスコはそもそも哺乳瓶がうまく使えなかったので、乳首型の飲み口は必要なく、生後6ヶ月あたりからストローマグを使いました。

ストローの練習は、紙パックの麦茶でやるとコツが掴みやすいみたいでした。パックを押さえるとお茶が出るから、まずはそれで感覚を覚えて、そうこうしているうちにマグのストローも吸えるようになったかんじ。
a0295764_1455748.jpg
ストローマグは、ピジョン、サーモス、ヌービーなどいろいろ使ってきましたが、どれも一長一短あり。また別記事でまとめたいと思います。

ーーー

冊子のリストには載っていなかったけど、離乳食をのせるトレイがあると便利でした。
a0295764_14609.jpg

[PR]
by payoung | 2015-06-11 01:45 | 出産準備品 | Comments(0)
出産準備品(入院編)
出産準備品のまとめも、いよいよ最後の項目になりました。出産入院編です。

①洗面用具・シャンプー・せっけん・スキンケア用品 必要度◎

ハブラシ、歯磨き粉、コップ、シャンプー、コンディショナー、ボディタオル、ボディソープ、洗顔料を用意しました。
a0295764_22104874.jpg
化粧水や乳液は、サンプル品で。

わたしが出産した病院は出産翌日から母子同室で、赤ちゃんのお世話に加えて、授乳・沐浴の指導や検査があって慌ただしく、シャワーの時間が唯一の癒しでした。


②フェイスタオル・バスタオル 各2~3枚 必要度◎

フェイスタオルを3枚バスタオルを2枚持っていきました。ぺいさんが毎日病院に来てくれたので、洗濯をお願いしたり替えのタオルを持ってきてもらったりできて、助かりました。

③湯のみ・箸 必要度◎

普段使っているものを持っていきました。

④授乳用ブラジャー・肌着 2~3枚 必要度○

無印良品の、授乳もできるカップ入りタンクトップを持っていきました。

入院中の授乳は授乳室に集まってやるかたちの産院だったので、タンクトップやキャミソール型の授乳ブラは、おなかが見えなくて恥ずかしくないのがよかったです。

⑤寝巻き 必要度×

病院で貸出のものを使ったので、必要ありませんでした。

悪露がもれて汚れたり母乳がもれて汚れたりと着替えることも多かったので、病院で洗濯もしてもらえるのがありがたかったです。

⑥スリッパ 必要度◎

無印で買いました。
a0295764_22325686.jpg
つま先が開いてないし、厚手の生地だったので、足がむれて失敗でした。出産は6月だったので、もっと涼しげなものにすればよかったです。

⑦ティッシュペーパー・ウエットティッシュ 必要度△

入院中にボックスティッシュを持ってきてもらいましたがほとんど使わなかったので、ポケットサイズのもので十分でした。ウエットティッシュも使いませんでした。

⑧母子手帳・印鑑・保険証・診察券・筆記用具 必要度◎

マリメッコのがまぐちにまとめていきました。
a0295764_22333863.jpg
⑨携帯電話・充電器 必要度◎

必須。

⑩時計 必要度△

ケータイがあるので、持っていったけどほとんど使いませんでした。

⑪産褥ショーツ 2~3枚 必要度○

全開になるタイプの産褥ショーツ(2枚セット)を持っていきました。

マジックテープが肌に当たって痛かったので、サイドのマジックテープはないものにすればよかったです。全開にして使うことはなかったし。

産褥ショーツは出産当日と翌日ちょこっと使ったくらいで、その後はマタニティパンツ(デカパン)を使いました。

⑫腹帯・ウエストニッパー 必要度△

産後数日は、お産セットに入っていた使い捨ての骨盤ベルトを使いましたが、その後はなにもしていません。本当はしたほうがよかったんだろうけど汗。

退院してから、母が骨盤ベルトを買ってくれたんだけど、面倒だし暑いしで結局ほとんど使いませんでした。

⑭お産パッド・ナプキン 1パック 必要度◎

夜用を1パック持っていきました。病院でも、お産パッドを1パックもらいました。



悪露の量が多かったし、いやなにおいがしたので、けっこう頻繁にかえないといけなくて、入院中1パックじゃ足りないくらいでした。

生理2日目とかそれ以上の量が産後しばらくは続いて、少しずつ量は減ったけど、産後25日目くらいまではナプキンを使っていました。不快だったー。

⑮ペットボトル用キャップ 必要度△

陣痛のあいまに水分をとるのにあれば便利とのことで、これを持っていきました。



スポーツドリンクや水(帝王切開になるかもしれなかったので、寸前は水しか飲んじゃだめといわれた)のペットボトルにつけて使ったけど、べつになくてもよかったです。陣痛と陣痛のあいまなら、ペットボトルからダイレクトで水飲むくらいの余裕はありました。

⑯ガーゼハンカチ 5枚 必要度◎



授乳のたびに使うかんじで、吐き戻しなどですぐに汚れたので、5枚以上あってもいいくらいでした。

⑰おしりふき 1袋 必要度◎

1袋持っていきました。産院でも1袋もらって、計2袋あったわけだけど、入院中に全部使い切ってしまい、ぺいさんに追加を持ってきてもらいました。



⑱母乳パッド 1箱 必要度○

ベビーザらスの会員になった際に、ミルクパットのサンプルを2枚もらったので、とりあえずそれだけもっていきました。
a0295764_9145930.jpg
産後3日ほどで母乳が寝巻きに染み出るようになったので、サンプルだけでは足りませんでした。ガーゼで代用できると思っていたけど、無理だった。

−−−

【統括】

上のものに加えて、コンタクトレンズとメガネとコンデジを入れて、トート2つぶんになりました。
a0295764_22524219.jpg
コンタクトはほとんど使わなくて、毎日メガネでした。メガネのほうが、すぐに外して寝られるからラクだった。

リストにはないけど、入院中に追加で買ってきてもらったのが、ドーナツクッション。会陰切開の傷が痛くて、ベッドに座るのがきつかったのでお願いしました。抜糸後はあまり痛くなくなったので、1週間くらいしか使わなかったけど。

−−−

退院のときに必要なものはまた別のトートにまとめておいて、退院の前日に持ってきてもらいました。

⑲自分の服一式(退院用) 

授乳しやすいもの。

⑳赤ちゃんの服一式(退院用)

コンビミニの短肌着+コンビ肌着、ミナペルホネンのおくるみにしました。

[PR]
by payoung | 2014-12-31 12:00 | 出産準備品 | Comments(0)
出産準備品(マタニティ編)
①マタニティウェア 2~3着 必要度○

トップスは、妊娠前から着ていたワンピースやチュニックで、出産までいけました。

ボトムスは、本格的におなかが大きくなりはじめた6ヶ月頃からマタニティ用のものに。仕事用の黒いパンツ、普段用のデニムパンツ、マタニティ用レギンス、の3種類を無印で買いました。

冬場は裏起毛のマタニティタイツも便利でしたが、毛玉がいっぱいできた。



産後は、前開きじゃないワンピースは授乳しにくいので着なくなりました。Tシャツなどのインナーに、授乳タンクトップを着るっていうのが定番でした。

②肌着 4~5枚 必要度△

とくに新調せず、冬場は妊娠前に着ていたヒートテックを着続けました。おなかの部分がめくれあがることがあるので、なおしつつ着ないといけなかったけど。

③ショーツ 4~5枚 必要度△

初期のころにカンジダを繰り返して以来、綿のものを身に着けるようになりました。無印やユニクロで、マタニティ用ではないものを5枚程度用意。あまりおなかが大きくならなかったので、出産までそれでいけました。

マタニティ用のデカパンも、無印で2枚組のものを1セット買って、妊娠後期と産後にちょこちょこ使いました。

④ブラジャー(授乳兼用) 4~5枚 必要度○

早い段階から胸が大きくなったし、つわりがひどいほうではなかったものの体調がすぐれず締めつけがつらいときもあったので、3ヶ月頃からワイヤー入りのブラを使うのはやめました。

ユニクロや無印で買ったカップ付インナーは産後もたくさん使ったし、今でも愛用しています。

わたしとしては、クロスオープンタイプのブラやキャミが授乳しやすかったです。ストラップオープンタイプのものは、あけしめが面倒だし、プラスチックが赤ちゃんに当たったら痛そうで使いにくかったな。

⑤マタニティガードル(岩田帯など) 2~3枚 必要度×

使いませんでした。

⑥スリップ 必要時 必要度×

使いませんでした。

⑦寝巻き(部屋着) 2~3着 必要度△

おなかがあまり大きくならなかったからか、出産までずっと、ユニクロのスウェットやリラコ(普段と同じサイズ)でいけました。

ぺいさんのスウェットもときどき借りました。

⑧タイツ・ストッキング 必要時 必要度×

使いませんでした。

⑨靴 1足 必要度△

もともとヒール靴は履かないので、普段どおり、クラークスのナタリーかレペットのべべで。

⑩マタニティシートベルト補助具 1こ 必要度△

友人からおさがりをもらって使いました。おなかの締めつけがなくなるので、長時間車に乗るときは、あったほうがらくでした。

−−−

【統括】

わたしは出産までおなかが小さいほうだったし、むくみもなかったので、マタニティ用のもので買ったものは、ボトムス4着(タイツとレギンスを含む)とマタニティパンツ2枚と授乳兼用のブラジャー3着くらいでした。

臨月のおなかがこんなかんじ。
a0295764_00222627.jpg
心配していた妊娠線はできませんでした。クリームでマッサージした効果かどうかは謎だけど、ママ&ベビーのクリームを使っていましたよ。



[PR]
by payoung | 2014-12-31 00:40 | 出産準備品 | Comments(0)
出産準備品(外出編)
1ヶ月検診までは実家で過ごしたので、買いものに出る機会すらありませんでした。生後1ヶ月あたりから近所のスーパーに買いものに行く程度の外出、生後3ヶ月あたりから車で1時間程度の外出をするようになりました。

①帽子 1こ 必要度○

玄関から車までの距離でも、夏の日差しはきびしくて眩しそうだったので、産後、UVカットのついた帽子を買いました。



わたしが買ったときは1000円だったのに、値上がりしてるー。
a0295764_23445178.jpg
なかなかないデザインで、周囲からかわいいって好評でした笑。

②靴下 1~2足 必要度△

夏場は履かせる機会がありませんでした。友人からマリメッコのソックスをいただいたので、秋になってから、外出時などによく履かせました。
a0295764_23534090.jpg
③だっこベルト 1こ 必要度○

エルゴにしました。新生児用のインサートも買ったけど、夏場は暑そうで、あまり使いませんでした。


首がすわってからの外出はエルゴがらくで、本当によく使いました。ベビーカーを押しにくい場所にもいけるし、エスカレーターも乗れる。
a0295764_17101443.jpg
終日だっこだっこ!の時期は家事がなかなかはかどらなかったので、自宅でも、エルゴをつけて洗濯物を干したりしていました。昼寝がうまくできずぐずるときは、ムスコをエルゴでおんぶして寝かせたり。長時間使うとさすがに腰にくるけど、ほどほどの時間なら腰も肩も痛くならなくて、助かりました。

肩ひもを口に入れることが多かったので、パッドもあとから購入しました。エルゴごと洗濯しなくていいから便利でした。


④A型ベビーカー 1台
⑤B型ベビーカー 1台

A型は生後1ヶ月から寝かせた状態でも使えるもの、B型は生後7ヶ月あたりから座らせた状態で使うもの、だそうです。ただし最近では、A型B型というより、両対面式か背面式(バギータイプ)かという区別のしかたが主流になっているらしいです。

わが家は両対面式のベビーカー、アップリカのエアリアを買いました。
a0295764_18065554.jpg
お色はケイトブラック。国産のベビーカーって妙な色柄のものが多くて、シンプルなものがほしかったわたしは本当に迷いました。これはシンプルなほうだったけど、それでも、日よけの裏に変な柄がついていてげっそり。そんなこと言ってたら買えるベビーカーないので、そこは妥協しました。


小さい頃はよかったけど、1歳前あたりから、どうも使いにくいなと思うことが増えました。外出先で、ベビーチェアがないところだとベビーカーに座らせたままご飯を食べさせることがけっこうあるんだけど、角度がどうもいいかんじになりません。

友人から、うちの子はママの顔が見えないと不安で泣いてベビーカー使えなかった!両対面式にすればよかった!と聞いていたので、ぜったい両対面式がいいと思っていたけど、ムスコはママの顔が見えなくても平気派で、なんなら景色がよく見えるほうが好きでした。

A型もB型も両方買うのは、お金かかるし場所もとるし避けたいところなので、産後しばらくはエルゴと店に置いてある貸出のベビーカーで様子をみて、生後7ヶ月あたりからバギーを使うっていう手もあったなーと最近よく思います。バギーのほうが、軽くて使いやすそう。

⑥防寒具(冷房対策) 1枚 必要度×

おくるみや柄物のバスタオルを使ったので、防寒用にとくべつなものは用意しませんでした。



⑦母子健康手帳・健康保険証 各1こ 必要度◎

母子手帳ケースを買おうと思っていたけど、なかなか気にいるものを見つけられず、いまだにマリメッコのがま口に収納しています。



今のところ、まあこれでもなんとかなってます。

⑧おむつ・ビニール袋 各2~3枚 必要度◎

おむつ3枚、おしりふき、携帯用ビニール袋をまとめて、ポーチに入れています。
a0295764_19285068.jpg
⑨着替え 1式

ジッパーのついた袋に着替えを入れて持ち歩くと安心です。わたしはIKEAのジッパー袋に入れています。


⑩レッグウォーマー 1~2足 必要度×

使いませんでした。

⑪授乳用ストール 1枚 必要度×

使いませんでした。

⑫チャイルドシート 1台 必要度○

うちは、移動が基本車だから必須です。退院の日にさっそく使うので、産前に準備して設置しました。

アップリカのフラディアで、新生児のころは椅子を倒したかたちで寝かせられて便利でしたが、いろんなかたちになるぶん仕組みが複雑で、使いにくさも感じています。
a0295764_19370419.jpg
もっとシンプルなほうが、使いやすかったかなー。

−−−

【統括】

わたしと同じく、産後しばらく外出予定のない人は、慌てて用意する必要のないものがほとんどだと思いました。

ベビー用品店が近くにある場合は、産前にリサーチだけしておいて、あとは産後、落ちついた頃に赤ちゃんと一緒に買いに行くっていうのもアリだなー。

[PR]
by payoung | 2014-12-30 20:00 | 出産準備品 | Comments(0)
出産準備品(授乳編)
ムスコの場合、生後0ヶ月頃は混合でした。母乳が足りてないかな?と心配で、日に数回ミルクを足したり、搾乳した母乳を哺乳瓶で飲ませたりしていました。

生後1ヶ月を過ぎた頃からは、ムスコが哺乳瓶をうまく使えなくなってしまったので、哺乳瓶をあきらめて、完母にしました。

生後6ヶ月あたりからはストローが使えるようになったので、1日1回ストローマグでミルクを飲ませ、再び混合に。

その後、1歳ちょうどで母乳を卒業しました。

−−−

①母乳パッド 必要時のみ1箱 必要度○

必要になるかどうかよくわからなかったので、ガーゼで代用できると思って用意していませんでした。1袋の量が多いものしか売ってないから、どうも買いにくくて。


産後2日目までは必要なかったけど、3日目から母乳の分泌がよくなってきて、母乳がパジャマに漏れるようになり、母に頼んで買ってきてもらいました。ガーゼでどうにかできるレベルじゃなかった。

離乳食がすすんで授乳回数が減るまで毎日使い、手放せない存在でした。

布でできていて洗濯するタイプの母乳パッドも使ってみたことがあるんですが、梅雨時だったせいか、パッドがなんかいやーなにおいになってしまい、すぐに使うのをやめました。

②ガーゼ 10枚 必要度◎

衣類編にも書いたので、省略。

③授乳クッション 1こ 必要度○

ソレイアードのものを買いました。
a0295764_16003477.jpg
新生児のころに活躍。ふつうのクッションや座布団より、このかたちがやっぱり使いやすかったので、買ってよかったと思います。


④哺乳びん大小 各1こ 必要度○

生まれてすぐの頃は1度にたくさんは飲まないので、まずは小サイズがひとつあればいいかなーというかんじでした。プラスチックのものよりガラスのほうが、ミルクがはやく冷める気がします。

わたしが買ったのは、ピジョンの母乳実感。産院とおなじメーカーのものを選びました。哺乳瓶の口が広いので、ミルクを入れやすいです。


夜間にミルクを飲ませたとき、すぐに消毒したりするのが面倒だったから洗い替えがほしくなって、産後にもうひとつ同じものを買いました。

⑤乳首 2~3こ 必要度×

哺乳びんを頻繁に使うようであれば、予備とか穴のサイズが違うものが必要になるみたいだけど、わたしは使いませんでした。産前に買う必要はないと思います。

⑥哺乳びんスポンジ 各1こ 必要度△

ガラス瓶用のブラシと、乳首用のブラシを買って使いました。


ふつうのスポンジでも大丈夫だった気がします。

⑦哺乳びん用洗剤 必要度△

使い終わった哺乳瓶は、哺乳瓶用の洗剤で洗ったあと、病院でも使っていたレンジ消毒ケースでスチーム消毒していました。


ふつうの洗剤でもよかった気がします。

消毒ケースは、煮沸よりはレンジのほうが気軽だし、哺乳瓶の収納にも使えるので、あってよかったです。色がピンクじゃなかったらもっといいのに。

⑧ポット 1台 必要度△

ミルクの出番が多いようなら調乳ポットが便利みたいですが、出番が少なかったので、手持ちの電気ケトル(ティファール)でなんとかなりました。

ミルクは、産院で使っていたのとおなじキューブタイプを使っていました。測らなくていいのはらくだけど、溶けにくい。


外出時はキューブ、自宅は粉、がいいかもしれません。

⑨搾乳器 1台 必要度△

乳腺炎になったとき、手しぼりが面倒になったので買いました。電動と迷って、結局手動に。1〜2ヶ月しか使わなかったので、わたしの場合は手動で十分でした。



⑩母乳冷凍パック 1箱 必要度×

長時間預けたりすることはなかったので、必要ありませんでした。

−−−

【統括】

完母か混合か完ミかで、必要なものや量がぜんぜん違うので、用意は産後様子をみながらでいいものが多いなーと思いました。

生後0ヶ月の頃は、母乳が足りているか心配になることも多かったので、哺乳瓶があるからいつでもミルクや搾乳をあげられる!っていうのは安心感がありました。

結局、哺乳瓶は1ヶ月ほどしか使えなかったけど、ムダではなかったと思っています。

[PR]
by payoung | 2014-12-27 17:20 | 出産準備品 | Comments(0)
出産準備品(おふろ編)
おふろ・衛生用品も、役場でもらった冊子を参考に。単価が安いし、身近なところで買えるものが多いので、揃えやすいジャンルでした。

①ベビーバス 1こ 必要度◎

キャラクターがついているものは嫌で、無印と迷った末、IKEAのものにしました。
a0295764_178342.jpg
大きいので邪魔ではあるけど、大人とおなじお風呂に入るようになってから(生後1ヶ月以降)もおしり洗いに使ったりして、長くは使えました。

②湯温計 1こ 必要度△

里帰り先の実家のお風呂は湯温設定ができないから、実家用に買いました。


湯温設定のできる自宅のお風呂では、必要ありませんでした。

③ベビーソープ 1こ 必要度◎

産前に用意したのは、評判がよかったミヨシのもので、詰め替え用を買って無印のボトルに入れました。



トラブルなく使えましたが、近所のドラッグストアに売ってなくてリピートしにくかったので、今はピジョンのものを使っています。


こちらもとくにトラブルなし。

④バスタオル 2枚 必要度◎

今治のシャツストライプタオルを4枚用意しました。薄手で乾きがはやいし、片面がガーゼなのも使い勝手がよかったです。


バスタオルはふとんやおくるみの代わりにも使えるので、柄のついたものがあるとかわいいなと思いました。
a0295764_02322103.jpg
⑤乳児用爪きりはさみ 1こ 必要度○

ピジョンのものを買いました。


先が丸くて安心です。

⑥綿棒 1箱 必要度○

ベビー用の軸の細いものを買いました。


うまれたての赤ちゃんの耳や鼻の穴って本当に小さいから、細いのじゃないと使えませんでした。

⑦保湿用ローション 1こ 必要度△

6月うまれで、乾燥する季節じゃなかったし、生後しばらくは使いませんでした。

冬にほっぺや腕脚がすっごく乾燥して湿疹もでたときは、いろいろ使ってみたけど、なんだかんだ皮膚科でもらった薬とクリームが1番よく効きました。
a0295764_02493512.jpg
乳幼児の医療費は助成があって、皮膚科を受診したときかかったのは薬代(500円くらい)だけだったし、ドラッグストアとかでいろいろ買うよりさっさと病院行ったほうが安上がりだったなーと思います。

ひどくなる前の予防にはローションとかもありなんでしょうけど、使いだすのが遅かったせいか、わたしが使っていたものの中でとくべつ効果を感じられるものがなかったため、ここで紹介できるものはなし。

⑧体温計 1こ 必要度○

大人用で代用しています。最近おとなしく測らせてもらえないことが多いので、耳で測れるタイプのものとか、はやく測れるものがあったららくだろうなーとは思います。

⑨水枕(保冷パック) 1こ 必要度△

保冷パックは冷凍庫にたくさんあるので買いませんでした。今のところ出番なし。

⑩ベビーオイル 1こ 必要度×

買わなかったし、使っていません。

⑪ガーゼと沐浴布 各1枚 必要度◎

ガーゼハンカチについては、衣類編でも書いたので省略。

沐浴布は、沐浴のとき身体に布がかかっていると赤ちゃんが安心するよって、産前の沐浴指導の際に聞いたので用意しました。



薄手のタオルでも代用できたと思うけど、ガーゼのほうがよく乾くし、それなりに役に立ったので、買わなきゃよかったというほどでもないです。大人とおなじお風呂に入るようになってからは全く使わなくなったので、1ヶ月で使わなくなって、もったいないといえばもったいないかな。

[PR]
by payoung | 2014-12-27 15:20 | 出産準備品 | Comments(0)
出産準備品(寝具編)
役場でもらった冊子には下の8種類がリストアップされていましたが、産前の準備としては、ベビーベッドもベビー布団も買いませんでした。迷いすぎてなにも買えなかった、というのが正しいかも。

①ベビーベッド一式 1台
②敷布団 1枚
③シーツ 2枚
④掛布団 1枚
⑤タオルケット 1枚
⑥布団カバー 2枚
⑦枕 1こ
⑧おねしょシーツ 1枚

産後里帰りした実家では、わたしのおさがりのベビーベッド(!)を父が組み立ててくれていたので、マットだけ新調して、それに寝かせていました。

高さ調節ができないベッドだったため、わたしのベッドとくっつけて使うことができず、授乳やおむつ替えのたびにいちいち起き上がってムスコを抱き上げるかゲートを開けるかしないといけないのが面倒でした。

自宅に帰ってからは、和室に布団とマットを並べて敷いて寝ましたが、わたしとしては、ベッドよりこちらのほうが授乳などやりやすいなーと思いました。

6月うまれなので、掛布団はしばらく使いませんでした。肌寒い日はガーゼケット、暑い日はバスタオルやおくるみを掛けて寝かせました。


今では寝かしつけ方法が添い寝になったので、おなじ布団に寝るほうがなにかと都合がよくて、シングル布団でムスコと一緒に寝ています。掛布団や毛布も、一緒に使ってます。

枕は、4ヶ月ころまではタオルの4つ折りで対応できると冊子にも書いてあったので、タオルで代用しました。今でも、枕はとくに使っていません。

昼間リビングに寝かせるとき用に、産後にネットでファルスカのコンパクトベッドを買いました。
a0295764_21304935.jpg
寝返りをしだしたら枠が邪魔になってきて使うのをやめたので、2歳くらいまで使うつもりでいたけど、半年くらいしか使いませんでした。


大きいサイズのを買ったんだけど、どうせ半年しか使わないなら、小さいほうでもよかったかもしれません。

というかそもそも、マットのカバーを外して洗ったあと再び組み立てるのが難しかったり、マットを干しにくかったりしたので、これはあんまりよくない買いものだったかもしれません。

実家が近いから持ち運べるのが便利だと思っていたけど、気軽に持ち運べるほど小さくないし軽くなかったから、結局1〜2回しか持っていかなかったし。

ベッドについていたおもちゃでよく遊んでくれたのは助かったし、フローリングの床に直置きしてもマットに厚みがあるから支障がないところや、リビングに出しっぱなしでも見た目かわいいところはよかった点です。
a0295764_21333402.jpg
コンパクトベッドの付属品でおねしょシーツがついていましたが、夏場は蒸れて背中が暑くなるから使わないほうがいいと保健師さんに言われて使うのをやめました。おねしょシーツはなくても、バスタオル敷くくらいで大丈夫でした。

現在の昼寝は1日1回になり、まとまって2〜3時間寝るようになったので、寝室のふとんに寝かせるようにしています。生後8〜9ヶ月頃からこのスタイルです。

−−−−

【統括】

寝具については、結局どうするのがベストだったのか、今でも正解がよくわかりません。

ただ、ベビーベッドを買っておけばよかったとは思わないけど、ベビー用の敷布団と掛布団とシーツは買ってもよかったかもなーとは思っています。小さいシーツや布団は洗ったり干したりがしやすいから、こまめに手入れがしやすかっただろうし。結局添い寝になって、長くは使えなかったかもしれないけど。

−−−

次回は、おふろ編です。年内に、出産準備品について全部まとめてしまえるかなー。

[PR]
by payoung | 2014-12-26 22:00 | 出産準備品 | Comments(0)