ブログトップ
ぺやんぐのブログ
payoung.exblog.jp
出産
4月8日の午後2時、無事に女の子を出産しました。39w1dでうまれて、体重は2855g。母子ともに元気です。

最後の検診になった39週の検診後、夕方頃から赤い血まじりのおりものが出はじめました。ちょっと強めの内診があったからそのせいかなーとも思ったけど、どうやらこれはおしるしだったみたい。この出血は、結局お産まで続きました。

夜には、おなかの張りとともに生理痛に似た下腹部の痛みがおこるようになりました。ただ、不規則だったし、ムスコのときはおなかっていうよりおしりが痛かったから、陣痛とはちょっと違うかんじでした。

ネットに「寝られるようなら前駆陣痛 本陣痛だったら寝てられない」的なことが書いてあるのをみて、じゃあとりあえず寝てみよう!と目を閉じたらいつの間にか寝てて、気づいたら翌朝。けっこうぐっすり寝られたことにびっくりでした笑。

午前9時すぎ、今度はそれっぽいおしりの痛みが、10分間隔でくるようになりました。痛みはまだそんなに強くなくて、休み休み家事ができる程度。

10時頃。痛みは5分間隔になり、波がきてるときはムスコの相手をする余裕もなくなりました。ぺいさんに帰ってきてもらい、ムスコを実家に預けてから病院へ。

ムスコを見送ったあと、しばらく会えないさみしさと、次会うときにはムスコはお兄ちゃんにならないといけないんだなという切なさで、ボロボロ泣いてしまいました。

病院につき、簡単な診察を受け、陣痛室に入ったのが11時頃。子宮口は5センチくらいになっていて、陣痛の間隔は4〜5分でした。

昼すぎまではフーフーわりと余裕だったいきみ逃しが13時あたりから本格的につらくなってきて、おなかに力が入りはじめました。子宮口は8センチ。しかし陣痛間隔が3分くらいから縮まらなくて、なかなかいきむところまでいけず。疲れて眠くなってきてしまったーとぼやいたら、先生が卵膜をピンセットみたいなもので破って破水させてくれました。そこからは一気にお産が進み、13時半頃いよいよ分娩スタイルに。陣痛中、仰向けになるのがどうも苦手なので、あの姿勢になるまでにちょっと時間がかかってしまいました。

ちなみに、わたしが1番ラクだと思うのは、おしりのところにテニスボールを置いてあぐらをかいて座る姿勢。痛みがきたら腰の横あたりを強めにさすって、目をしっかり開けて上を見るようにすると、いいかんじに力が抜ける気がしました。

若くてキレイな先生に「仰向けにならないと産めないよ!」と叱られ「ハイッ!」とおとなしく仰向けになり、陣痛の波3〜4回分で計8回くらいいきんだかな。会陰切開をしなかったので分娩自体はムスコのときより長くかかったし、赤ちゃんの頭が挟まって会陰がのびてる痛みがあったから、いきむのがこわくて全力は出せませんでしたが、無事に赤ちゃんが出てきてくれました。頭が出たーとほっとしたら、まだ肩がひっかかっていて、肩出すのにもけっこう力がいりました。

初産のときは病院ついてから10時間近くかかったし、夜に陣痛が始まったから徹夜だったけど。今回は3時間で終わったうえに昼間だったので、産後の疲労感がぜんぜん違います。身体がらく。3歳年齢を重ねているのと、その3年間運動不足だったぶん、体力の衰えも感じましたが汗。

会陰切開の傷が浅くてすんだことも、産後がらくな理由のひとつ。今回はドーナツクッション不要でした。経産婦は痛くなると聞いていた産後の子宮収縮もたいして痛くなかったし、快適です。

さっそく母子同室がはじまって、個室に空きがなかったから大部屋に入ってることもあり睡眠不足ですが。かわいいムスメと元気に退院できるよう、あと少し頑張ります。そして、はやくかわいいムスコに会いたいなー。顔みたら泣いてしまいそう。

[PR]
by payoung | 2016-04-10 17:30 | 2人目妊娠 | Comments(0)
<< 2歳と330日/生後22日 39w0d >>